ページトップ

花粉症の季節

10年02月08日

今年も花粉症の季節が到来です!

このツラ~イ症状、完治しないまでも少しでも軽くならないのかなぁ?と思っている方に体質改善の手助けになる食材をご紹介。

★紫蘇:
殺菌作用に優れ薬味や刺身のツマとして使われることの多い紫蘇は、アレルギー症状を抑える働きのあるαリノレン酸、花粉症の症状を増長する原因物質を抑える作用を持つテオリン、炎症を和らげる働きのあるロズマリン酸などを含んでいます。特に体内でEPAの働きを持つαリノレン酸が多く含有されているため、花粉症の予防に効果が期待されます。

★緑茶:
緑茶に含まれるポリフェノールの一種のカテキンやカフェインは、過剰になったヒスタミンを抑え、アレルギーや花粉症予防に働きます。カテキンは、緑茶独特の渋み成分のもとで、活性酸素を除去する働きに優れています。茶葉にはタンパク質、食物繊維、不溶性ビタミン・ミネラルなどが豊富に含まれているので、お茶として飲んだ後の茶殻も有効に活用しましょう。もちろん、カテキンの成分も残っています。

食べ物で体質を改善するには、ある一定期間、焦らず有効成分を日常的に摂り続けることが大切です。 年間入手しやすい食材を利用して、ゆっくりのんびりと、症状緩和を目指しましょう!

季節の豆知識に戻る≫≫