ページトップ
?>


季節の豆知識

秋刀魚

13年09月01日

秋を代表する魚と言えば「秋刀魚」です。
日本近海の「サンマ」は、夏にオホーツク海で回遊し、親潮にのって産卵、南下していきます。

8月上旬頃から、千島列島の沖合いから根室沖、10月頃には三陸沖を通過し、11月頃には銚子沖に達します。海水温によって、南下の時期が前後するようですが、この回遊の間に動物性のプランクトンを食べ続けるので、10月下旬には脂肪の含有量が20%ほどになり、一番脂の乗った状態になります。銚子沖の「サンマ」が最も脂の乗った旬ですが、実際の水揚げ高は、北海道が全国の半分以上を占めています。

サンマにはたくさんの栄養が含まれています。特にアブラには血液をサラサラにしたり、脳の老化を防ぐ効果もあるとして注目されています。特にこれからの時季、おいしい秋刀魚が食べられるので注目しましょう!

《おいしいさんまの選び方》

  • 大きくて太っているもの
  • ブヨブヨしていない、身が引きしまったもの
  • 色ツヤのいいもの
  • 目が赤くなく透明なもの